MENU

日経225先物とは

 

日経225先物とは、日経平均株価である日経225を対象とした先物取引のことです。
先物取引とは、あらかじめ決められた期日の株価を、現時点の価格で売買する契約です。
通常の株取引と大きく異なる点は、決められた期日がくれば、損がでようとも売買契約が成立するのが特徴です。
日経225先物の場合は、銘柄が日経225になります。
つまり将来の日経225を予測し、買いや売りの注文を出しておくのです。
日経225先物の場合、期日は3月、6月、9月、12月と決められています。
そして、この月の第二金曜日の前日に清算が行われます。
この清算価格をSQといいます。
日経225先物の注文は、証券会社を通じて大阪証券取引所にだされます。
そこで、買い注文と売り注文が合致して、はじめて取引が成立します。
どの株取引でもそうですが、買い手と売り手が合致しなければ、取引は成立しません。
日経225先物の最大の利点は、銘柄を選ぶ必要がないということです。
日経225の動向にだけ注目していればいいので、シンプルでわかりやすいといえます。
また、日経225という大きなひとくくりの銘柄を買うわけですから、倒産や上場廃止などのリスクがないのも特徴です。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク